電脳超合金タチコマ

超合金 電脳超合金タチコマ
超合金 電脳超合金タチコマ

「超合金」という言葉には、幼少時から聞きなじみがあり尚且つ高品質
高価格でちょっと簡単には手が出せなかった…、という一種の
甘酸っぱさも?あるブランドな響き(^^;)
金属の鈍い輝きと重量感もまたええ感じにそそられます。
これは「パソコンと接続して遊べる機能付きタチコマ」で
何だかもう凄いですね。
電脳超合金タチコマ公式サイトはこちら

商品紹介文の一部↓
超合金史上初となるPCとの連動機能を有し、劇中同様モニター上にタチコマが出現。各種電脳ギミックが発動!電脳超合金タチコマをPCに接続すると、デスクトップ上にタチコマエージェントが出現!ゲームの勝敗データやタチコマのコンディションデータ等は、タチコマ本体に記録。持ち運んで他のPCと接続しても、いつものタチコマが起動!PCからセリフを設定すると、設定した時刻にタチコマがおしゃべりを行います。時計機能と連動し、毎日様々なアクション!色々なキャラクターも登場!【セット内容】電脳超合金タチコマ本体・インストール用CD-ROM・USB MINI Bケーブル・取扱説明書 【動作推奨環境】Windows XP以降対応、CPU:Intel Pentium プロセッサ1.8GHz以上、解像度1024×768以上、モニタ16ビット以上を表示可能なカラーモニター、メモリ256MB以上



0

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.16 Sunday
      • -
      • 16:53
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
       I/Oなどのパソコン雑誌に違和感なく取り上げられ、まるで「ろぼっこビートン」のようにTukumoなどでキットとして市販をされて、あつさえ「プラレス3四郎」のようにロボットのコンテストが開催されているのですから。
       本当に21世紀になっているのかもしれません。
       いまは何に使えるのか解らない段階であり趣味の段階ですが、いずれは家庭用に「実用品」として、何らかの形で入ってくるんでしょうね。現段階では、お掃除ロボット ルンバ[ http://www.irobot-jp.com/ ]が価格的にも実用水準に近いようです。
      東芝が代理店を行ったトリノバイトは価格的にきついものがありましたが、ルンバは、ダイソンの掃除機程度の投資額で、限定的とはいえ家庭用の使役に使えれば、そろそろ検討水準に入っても良いのかもしれません。
      • Kitajima Gaku
      • 2007/11/18 6:29 PM
      オモチャ売り場で競技会で戦う事が出来るロボットが売ってるのは、
      プラレスを思いましたですね。
      車内でカーナビと会話してというのも実用段階もうじきっぽいですし、
      一昔前のSF映画の世界にある程度達しつつあるのを実感します。
      自分達でも思うのですから高齢者の方々から見たら、もっと別世界感覚
      だろうなあ。
      • おきしま
      • 2007/11/18 10:01 PM
       電撃15周年祭のバンダイブースに展示されていましたのを見てきましたが。
       価格が希望小売価格がカタログでは一万三(3)千円弱ですが、ブースには
      一万八(8)千円とステッカーが貼られていました。三(3)と八(8)との勘違い
      の可能性もあります。
       でも大手量販店ではポイントが付いて値引きもされるから一万五千円前後
      ですので、1/24スケールモデルとしても妥当なものだと思います。
       大きさは、全長と高さがDVDケース三枚重ねた程度で、大変コンパクトで高密度です。
       ノンスケールとしてカタログなどで明示されていませんが、作品のイメージ
      で、大佐が騎乗することがあるので1/24の田宮の兵隊のフィギュアや車両の
      流用可能な感じです。作り込みが細かいので、脳内でのイメージが、
      30cm×30cm×10cmの1/12程度のラジコンの大きいものサイズだと思いこんで
      いましたので、良い意味で裏切られました。誉め言葉として写真イメージ
      よりも大変小さいのです。

      >これは「パソコンと接続して遊べる機能付きタチコマ」で
      >何だかもう凄いですね。
       PCとの「連動」機能であって「制御」は出来ません。タチコマ内部の
      フラッシュメモリからフラッシュ動画や音声ファイルをランダムに再生
      程度です。
       展示実機は、せいぜいLEDが点滅する程度で、関節は稼動するけれども
      添付ソフトで制御は出来ません。説明員さんに聞きましたが、このサイズ
      では駆動系の実装が出来なかったそうです。

       ここまで良くできるのだから、SONYのRolly [ http://www.sony.jp/products/Consumer/rolly/index.html?j-short=rolly ]
      のように過剰に期待をしてしまいました。
      あるいはレゴ マインドストーム [ http://www.legoeducation.jp/mindstorms/ ]
      のように、プログラムで前足や後ろ足などを制御できると思いこんでしまいました。


      • Kitajima Gaku
      • 2007/11/24 8:34 PM
      電脳〜とうたってるせいか、ちょこっと動いてくれそうなイメージがしてしまって
      ましたが、さすがにそのサイズと価格ではまだ無理でしたか。
      未来に期待してみたいです(^^)
      • おきしま
      • 2007/11/26 10:39 PM
      レビューが掲載されていました。
      http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/14/news034.html

      全部で2pでした。
      • Kitajima Gaku
      • 2008/02/14 10:30 PM
      記事紹介どうも有難うございました。
      イメージ通りの大きさかなあ。
      雑誌等でもまた同様のものが掲載されたりもするのでしょうけど
      動画は見れないですから(^^)
      • おきしま
      • 2008/02/16 4:53 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      バンダイ超合金魂 GX-36 イデオンをまだ購入できるお店はこちら
      • おもちゃらす
      • 2007/12/05 1:03 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      使ってみたいなと思いつつ

      カウンタ付けてみた(2011.2〜) ブログパーツUL5

      アマゾン

      アクセス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM