MdN 2019年4月号(特集:平成のグラフィックデザイン史)

内容紹介
【特集1】
ヒトとコトで振りかえる平成のグラフィックデザイン史

平成の時代が終わり、新たな年号に変わろうとしています。
そんな平成のグラフィックデザインを振り返ると、
デジタル技術の進歩に合わせて、あらゆることが様変わりしました。

そして、くしくも平成がはじまった1989年に創刊し、
この2019年4月号をもって休刊となる本誌は、
平成のデジタルデザインと共に歩んできました。

本特集では、平成のグラフィックデザインを語る上で
欠かすことのできない「ヒト=デザイナー/クリエイター」と、
「コト=革新的だった出来事」を振り返ります。
平成のデジタルデザインと、
エンターテインメントの視覚表現を追ってきたMdNの視点で、
平成のグラフィックデザイン史を辿っていきます。

【ヒトで振りかえる】
◆田島照久が、アニメ業界にグラフィックデザインの概念を取り入れた
 (語り手:染谷洋平)
◆信藤三雄が、平成の音楽のビジュアルを拡張し牽引した(文:編集部)
◆groovisionsは、chappieによってデジタルデザインのシステム自体を
 作品化した(文:水島 己)
◆常盤 響は、DJ的感覚で90年代の東京のカルチャーをビジュアライズした
 (文:菊池元淑[LOKI])
◆Enlightenmentが、アートとグラフィックの新境地を開いた(文:蜂賀 亨)
◆草野 剛は、普遍性の高いデザインでアニメが持つ突破力を増幅させた
 (文:杉山峻輔)
◆中村勇吾が、Flashを基調としてインタラクティブ・デザインの新しい
 形を作り上げた(語り手:萩原俊矢、花村太郎、西村斉輝/文:平岩真輔)
◆川谷康久は、少女マンガのグラフィックの風景を変えた張本人
 (語り手:染谷洋平)
◆チームラボが、クリエイティブと技術の相互作用から新しい体験を生み
 出した(文:編集部)

【コトで振りかえる】
◆印刷工程とデザインの表現に大変革をもたらした「DTP」
◆インタラクティブなデザインを一気に押し広げた「Adobe Flash」
◆文字をデザイナーのもとに開放しデザインの風景を一変させた
「デジタルフォント」

【MdN最初期のPhotoshop/Illustrator記事を再収録】
・MdN創刊号(1989年)に掲載されたIllustratorの記事
・MdN vol.3(1990年)掲載の初期Photoshopの記事
・Illustrator 5.0の記事
・Photoshop 3.0Jの記事

休刊号。平成と共に生まれ、終わりと共に休刊するとはなあ。
Amazonさんでサンプルページ画像が結構見れますのでそちらも。
0

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.05.22 Wednesday
      • -
      • 23:32
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      使ってみたいなと思いつつ

      カウンタ付けてみた(2011.2〜) ブログパーツUL5

      アマゾン

      アクセス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM