ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言

内容紹介
“ばぁば”の愛称で知られる、
最高齢の現役料理研究家がはじめて語った、
人生の仕舞い方、老いの楽しみと健康のコツ、伝え遺したい
和の心と作り続けてきたレシピをあますことなくご紹介。
豊富な写真とユーモアのある独特な語り口で綴る、
最新55編のエッセイ。

「気がつけば93歳。ずいぶんと長く生きてきました。
この歳になって思うのは、
『十分に生きた。でも、もっとおいしいものを食べたいわ』(笑)
そうなのよ、何歳になっても食い意地のはっているばあさんなの
ですよ。
その思いこそが長生きしている秘訣かしらと思っております。
ばぁばは、食べる楽しみを失ったらきっと元気をなくしてしまう
と思います。
食べることとは、ばぁばにとっては生きることそのものですから。
(中略)
80代のころはもっと元気でしたよ。終活なんて、まだまだ、って
いう気持ち。
90歳を過ぎて自分も体力が落ちてきたわ、と思うことも増えました。
そう思うと、
最近、自分が遺したいものは何かしらと、ふと思うんです」
(「はじめに」より)

1章 長生きしてわかったこと
〜ばぁば、93歳。人生の仕舞い方〜

・十分生きた。延命はご無用。でも、お出かけ用の下着は必要よ
・死んだらそれまで。生きている今が大事。
・「今、食べとかなきゃ」。先は短いのだから……
・子どもとは距離を置き、あえて、ひとりの時間を楽しむ
・思い出があるものは  ムリに捨てない、捨てられない
ほか。

まだまだ紹介文は長いので、アマゾンさんの方で見て下さいね。
NHKきょうの料理で一番癒しの時間を下さる料理研究家。

…対極は平野レミ先生かな(^^;)あれはジェットコースター。
0

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.17 Wednesday
      • -
      • 23:26
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      ダイナマイトアクション

      カウンタ付けてみた(2011.2〜) ブログパーツUL5

      アマゾン

      アクセス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM