長谷川町子の漫畫大會

内容紹介
戦中、町子が学年誌に描いた幻の作品
2015年夏、小学館の地下資料室で戦中の自社出版物を調査したところ、
子ども向け雑誌に掲載された長谷川町子の作品が多数見つかった。
昭和14年~18年春、町子19歳から23歳までの短い期間に描かれたもので、
漫画あり、挿絵あり、なぞなぞのような企画ものまで、バラエティに
富んだ内容である。
進軍ラッパが高らかに鳴り、軍靴の響きが日に日に近付いてくる中、町子は
一貫して、明るく朗らかな人々の日常と希望を描き続けた。そして、その
作品には時々、笑いのオブラートに包んだ町子の戦争に対するシニカルな
まなざしも感じられる。後にサザエさんで時代を鮮やかに切り取った町子。
その才能の萌芽を知る貴重な資料でもある。
また、ドラマで何度もフネさんを演じ、今も第一線で活躍する女優・吉行
和子さんが、町子作品に寄せて語る当時の思い出は、同じように父親不在の
まま戦中を生き抜いた長谷川家の歴史と重なる。
さらに、町子の姉で、姉妹社の社長として陰で町子を支え続けた姉・毬子の
見事な挿絵も紹介。ふたりを身近で観てきた長谷川町子美術館の館長の話から、
互いに「お姉さま」「町子ちゃん」と呼び合ったふたりの作品と人生に迫る。

【編集担当からのおすすめ情報】
厳しいこの時代に町子は、朗らかで穏やかな日常を描き続けました。
その姿勢は戦後も変わること無く、やがてあの、みんながよく知る愉快な
家族が誕生します。
この本の中には、あの一家と同じ笑いと温もりがあり、あわてん坊のあの人や
食いしん坊のあの子が隠れています。

戦前の貴重な作品が地下倉庫に眠っていた小学館。さすがというか。
原稿が戦災に消える事なく残っていて更に現代に私達も目にする事が出来て
後世に残す事が出来るというのはひとつの奇跡なのだろうなあ。
いわばよくある中国の貴重な古書は文革その他色々な事情で本国では
かなり失われ、書物が輸入された日本の古書店の方が膨大な量残されて
いるという話の様に、70年余り平和が続いているからこその部分は
少なくないかと。
0

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.11 Monday
      • -
      • 23:26
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      文化大革命の影響もあります。当時は、切手収集はブルジュア趣味であるというので、コレクターから取り上げて燃やすとか、上海などの租界の切手や満州国や中華民国時代や初期の切手は軒並み廃棄されたり二束三文で売られて、これも残存するのは日本の方が多いという皮肉な現象です。
      これを今の爆買いで故郷に帰還しているのですから、一概に爆買いを否定するのはかわいそうに思います
      • Kitajima_Gaku
      • 2016/05/08 8:33 AM
      近年だと文革、また王朝が代わる度に燃やされたり散逸したりを
      繰り返した歴史もありますし。
      日本に残っていた品々が正当に購入されて里帰りし研究保存
      されるのは良い事ですが、返還をとか主張される世界遺産国宝級なものとなると
      少し事情がややこしくなりますね。
      • おきしま
      • 2016/05/08 5:12 PM
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      使ってみたいなと思いつつ

      カウンタ付けてみた(2011.2〜) ブログパーツUL5

      アマゾン

      アクセス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM