何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子

内容紹介
どこかなつかしく、ひとくち食べれば幸せになれる。
タニアさんが繰り返し作っているお菓子のレシピ集。
タニアさんがいつも作っている、ドイツ菓子のレシピを集めました。
シンプルな材料、作りやすい手順だからこそおいしい、何度食べても
飽きない味のお菓子です。
基本の生地は「パウンド生地」「パン生地」「タルト生地」「スポンジ生地」
の4種類。基本が同じだから、日々作るうちに、自然と手順が身につきます。

焼きっぱなしで素朴な味わいのドイツ菓子は、しみじみとおいしく、
ひとくち食べれば幸せになれる、そんなお菓子です。
近年人気のクリスマス菓子、シュトレンや、お菓子の家(ジンジャーブレッド
ハウス)も、日本の家庭で焼きやすいようアレンジしてご紹介します。
お菓子作りを気軽に楽しむコツ、タニアさんならではの道具の使い方、
簡単に作るヒントを綴ったエッセイも収録。

※本書は、『コーヒータイムのお菓子―みんなに愛されてきたクーヘンと
トルテ』をもとに、加筆し、新しいレシピを加えてまとめたものです。

図書館にあった「コーヒータイムのお菓子」を何度も借りて欲しくなった
ものの、既に絶版になっていたので加筆版が出るというのはとても嬉しい
です。
ドイツの家庭で日々ママや祖母が作ってくれる、素朴でおいしいお菓子
レシピです。おうちお菓子なので作り方もそんなに手がこんでいなくて
作りやすそうなのです。
前の本はずっと再販されなかったので、違う出版社からこうして発売
されるのは良かったなあ(^^)


0

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.11 Monday
      • -
      • 22:44
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      使ってみたいなと思いつつ

      カウンタ付けてみた(2011.2〜) ブログパーツUL5

      アマゾン

      アクセス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      sponsored links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM